Entries

-- -- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 06 28 生物図鑑#12へ

130628.jpg

生物建築舎設計による萩塚の長屋D号室,乙庭さんのギャラリーで,福島県いわき市在住のuntangle.(からみほぐし研究所)さんによる「during drawing」と題された線描画展が開催されている.毎月1回開かれている生物図鑑シリーズの第12回目にあたる.
絵画と植物を繋ぐような有機的な線が,RC打放しの壁面に描かれ,空間全体が深海を漂う海藻に包まれているよう.吹絵は毒の触手のよう.

作家の丹洋祐氏と会うのは今回が初めてだが,彼は建築設計を仕事にしていて,私の大学の後輩であり,うちの元スタッフ畠山の先生でもあり,高崎にかつて住んでいたこともあるという,色々な縁を感じる方であった.彼とは,近いうちに,またどこかで会う気がする.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。