Entries

2012 09 28 植栽の講義

120928.jpg

本日の前橋工科大学,太田さんと松島さんにゲストとして来て頂き,植栽に関する講義
なぜ「インテリアⅡ」の講義で植栽か?

建築を学ぶ学生は建築が何故存在するのか考える.
建築の目的は,人が快適に暮らせることであったり,生活に様々な喜びや発見をもたらすことだ.だから突き詰めれば,結局は人間のことを考えることになる.でも,人はもちろん建築によってのみ幸せになるわけではない.一冊の本や道ばたの花だって,人を幸せにする.建築だけ学んでも人間の喜びの総体は掴めない.建築の外の領域を知ることが,人のための空間を理解することに繋がるし,その広い視点からもう一度,建築の果たせる役割を,自分なりに再定義することが出来る.

植栽は,植物という生物の力を借りて環境をデザインする.
コンクリートやガラスといった静的な材料を用いるのは建築家,日々変化しつづける「生命」を用いて空間を作るのが園芸家,人のための場をつくる意味において差はない.人を豊かにする植栽の成り立ちと具体例を見て,そこからもう一度建築の役割を振り返って欲しい.