Entries

-- -- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 04 01 去る車 来たる車

年度が変わった今日4月1日,新車がやってきた.
その代わりに去っていった二台が,

120401-7.jpg
ホンダS2000と,

120401-8.jpg
メルセデスCスポーツクーペ.

120401-2.jpg

クールで運動神経の良いホンダは,何をするにも俊敏.
エンジンやステアリングの反応は言うに及ばず,幌やガラス窓の開け閉めさえ素早かった.山道ではタイヤが気持ちよく動き,スキーでも履いているかのように,右に左に軽やかに走る.飾りの無い内装はオーディオさえ隠され,夜はデジタルメーターの他に光るものは無い.そんな禁欲的な真面目さで,車自らが走る道具だと主張していた.

一方,美しいメルセデスは,いつも落ち着いていた.
のんびり流そうが,高速をズドンと進もうが,終始安定.車内は静かだし,シートが大きめなので,疲れることがない.仙台くらいまでなら休まず行ける.車幅が狭く,前輪が望外に切れ,小回りが利くので,街中の狭い道も楽だった.クーペだが後席や荷室も広く,4人乗車で荷物を積んで遠出が出来る万能車だった.

思い出せばきりがない.好きだから,だんだん擬人化してしまう.天神山にいると,植物も,昆虫も,街も,人も,たくさんの身の回りの物事が私たちを刺激し続けるが,車もまた同じ.人の作ったものも,自然の生きものも,大きな違いは無い.自分を取り巻く環境の一部だ.
年を重ねた自慢の2台よ,さよなら.


そして,今日やって来た小さなトヨタ.
マニュアルトランスミッションで,すいすい走るミズスマシ.
これからどうぞ宜しく.

120401-9.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。