Entries

2012 03 29 爽快

120329.jpg

スタジオグリーンブルーの小島さんと小林さんが,天神山にいらした.
同じ群馬で年も近く,会う度に建築の話になる.
グリーンブルーと一緒にいると,まるで学校の先輩と話しているような,ざっくばらんな会話になる.こちらの考えを伝えると,率直に,飾らずに,適切な感想や分析が返ってくる.

自分たちの考えは他者にどう映るだろうか,という期待と不安の毎日.考えが行き詰まったり,作品について「これはいったい何か?」と自問するのは,自分自身をうまく理解できないとき.そんなときは,同じ道を歩む友人の言葉がコンパスになり,進む方向が見定まることがある.悩めるときこそ,身近な友人の言葉.