Entries

2011 10 07 光の輪郭,その均衡

111007.jpg

ナデシコに光.
太陽光が枝葉によって分解される.
その小さな光の破片が集合して,土に迷彩模様を描く.

天神山では,建築による鋭利な光の輪郭と,木漏れ日のフリーハンドのような光の輪郭が混ざり合って,空間の濃淡が出来ている.夏を過ぎて秋になり,柔らかくてキラキラした輪郭が増えてきた.レモンユーカリやオリーブやジャカランダが生長し枝葉を広げたからだ.

この相反する二つの光の輪郭について,自分の理想のバランスを考える.
張りつめた空気になりすぎないように,森林浴のような空気になりすぎないように.
その均衡をイメージしながら,植物も建築も等しい目線で制御してゆこう.