Entries

2011 08 21 ツタとロメオ

110821.jpg

天神山の南西のツタは,のんびりと育っている.日照りが続くと葉が焼けて衰え,雨が続くと元気をとり戻す.建物の隅で一進一退を繰り返す.戦っている感じがする.秋になったら,さらに元気になるだろうか.

夜,乙庭さんの夕食会で萩塚へ行くと,隣の部屋にアルファロメオのスパイダーが停まっていた.エンリコ・フミアの手によるもので,私が昔乗っていたのと同型だ.霧雨に濡れる銀のグラマーな車体は,静かなコンクリートによく似合う.

思えば,気まぐれなクルマだった.冬になるとキーロックの調子が悪くなり,春が来るといつにまにか直る.ロメオも季節と戦っていた.電気系統の曖昧さやエンジンの不整脈は,機械というより生き物のよう.無二の美しさとセットで「それも愛嬌」と楽しむことが出来たなら,きっと幸せなカーライフとなる.