Entries

2011 08 20 塔2

中之条ビエンナーレのオープニング日である今日,中之条で再び塔を建てた.
2番目の塔である.8月11日の塔1が24時間で倒壊したためだ.
儚い塔は,壊れても壊れても,何度でも再建される.

110820-4.jpg
塔1

110820-5.jpg
塔1 

110820.jpg
塔1

110820-3.jpg
塔1

110820-2.jpg
塔2

天神山と「塔」は似ている.
どちらも,そのもの自身は単純であるが,そこに映りこみ,切り取られる風景は,動的で抑揚があり変化し続ける.厚さ0.05ミリの鏡面加工された産業廃棄物の樹脂フイルムは,環境を映し,伝え,流してゆく.

風の強い日,塔は44㎡分の大気の動きを振動と音に変え,激しく暴れる獣となる.雨の日の塔は滝.雨粒が撥水フイルムの表面を一気に下り,やがて水の流れの道となる.凪の日の塔は,静かな無垢の金属のよう.曇りの日,塔は白い橋となり空と地面を繋ぐ.そして晴れの日の塔は,空にもう一つの太陽を掲げ,地上に複雑な影を落とす.

フイルムゆえ,脆くて,命が短い.
塔2は塔1に比べ,よりスリムで両鏡面となった.風に対してゆったり動く.再建のたびに少しずつ姿を変え,二度同じ塔が建つことはないだろう.


写真は,マニアッカーズのManiackers Design's photostreamでも.