Entries

2011 08 16 小人の視点

110816.jpg

カンナ・ファシオンが,だいだい色の花をつけた.特徴的な縞模様の葉脈を陽に透かしたくなり,地面から見上げてみた.親指姫には,天神山の庭はさぞかしショッキングな森に見えるだろう.

ふと,自分が小人だったらと考えてみる.30分の1のスケール.
それは地表5センチの世界.道路のアスファルトの上は焼けるように熱いだろう.真砂土はもう少し涼しいか‥きっと輻射熱に敏感になり,空気や水は,より粘っこく感じられる.天井の高い天神山は,小人にとってますます外に近い環境となる.

では逆に,建築が30倍になったらどうか.天神山の天井高さは240メートルに,平面は180×300メートルとなる.とても巨大ながらんどう.バックミンスター・フラーのような空間.
いつかはそんな建築も作ってみたい.