Entries

-- -- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 07 14 枯れ姿

110714.jpg
マリアアザミ

110714-2.jpg
アーティチョーク・バイオレット・グローブ

続くということ,について.
中之条の合宿から戻ると,天神山の庭が少し疲れているように見えた.
花期を終えた植物たちが,一種ずつ,ひっそりと枯れてゆく.

好き放題に棘の葉を四方に伸ばし続けていたマリアアザミも,巨大な鱗のような存在感のアーティチョークも,開花と同時に生長を止め,体色を茶色く変えて,死ぬ準備にとりかかる.地面と太陽から吸い込んだ全てのエネルギーを,花に集約するかのように.
ある種の植物たちにとっては「花」は,最後の輝きなのだ.蝉や蝶が,夏に成虫になって卵を残して死んでゆくように,花が咲いてはじめて大人になる.瑞々しさとスピード感で庭を彩りたければ,老いた草木は切るべきかもしれない.でも,私たちは,茶色い姿をそのまま放置しておくことにした.

干からびた姿は,この植物たちが若かった頃を空想させる.時間の厚みを感じとりながら暮らすことは,豊かな体験だ.目の前の庭に,かつての風景を重ねる痕跡として,枯れ姿がこの場所には必要だった.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。