FC2ブログ

Entries

-- -- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018 02 07 第2回CIAT

小石川テラスでの第2回CIATへ.
CIATとは東北大卒の若手建築家やクリエーターの集まり.
北島優/リビタ,出口亮/大成建設,笹本直裕/studio nikoの3氏によるシンポジウム『建築を躍動させる新たなフロー』のコメンテーターとして,森清氏(日経アーキテクチュア)とともに参加.(ファシリテーター:本江正茂/東北大学)
北島さんは,HATCHiやKUMUといった金沢でのシェアホテルリノベーションの事例を引きながら,企画から運営まで,ハード,ソフト,ヒューマンウエアにトータルで関わることの可能性をプレゼン.地域のコンテンツを掘り起こしながら,コミュニティスペースを全国に拡げる.
出口さんの日本初の子供のホスピスは,敷地が大阪鶴見緑地の開けた風景の中,家型の連なりとして現れる村のような場所.施設ディテールを排したヒューマンスケールの木造が,ゼネコン設計部から提案される時代.端材のディスプレイや雷門を描く仮囲いなど,工事段階から建築への期待を高める工夫も.
笹本さんは,仙台と東京の2拠点を行き来しながら建築設計と不動産の立場を横断し,幾つかの産官学共同プロジェクトに携わる意義を説く.デジファブを介して建物を町に開く取り組みや,保育園併設型のシェアハウスは,近年の卒業設計でも扱われることの多い,現代的なアプローチ.
三者三様ではあるが,建築行為の前後にある企画から運営までの幅に対し,丁寧にアプローチされた実践の数々に感銘を受けた.
一方で議論が対クライアント的な言葉で語られがちなことが気にかかった.聴衆は専門家だから実践についての深堀りを望んでいたと思う.CIATが今後も継続していくために,議論する言葉,議論を起こすための言葉を作り上げていけたらと強く思った.
ともあれ三人の発表者の皆さん本当にお疲れさま.朝の4:30まで議論が尽きなかったのは,皆さんの熱いプロジェクトのおかげです.

180207.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。