Entries

2013 06 29 夏の勢い

鶴光路の現場で.アメリカには猫じゃらしが無く,珍しいらしい....

2013 06 28 生物図鑑#12へ

生物建築舎設計による萩塚の長屋D号室,乙庭さんのギャラリーで,福島県いわき市在住のuntangle.(からみほぐし研究所)さんによる「during drawing」と題された線描画展が開催されている.毎月1回開かれている生物図鑑シリーズの第12回目にあたる.絵画と植物を繋ぐような有機的な線が,RC打放しの壁面に描かれ,空間全体が深海を漂う海藻に包まれているよう.吹絵は毒の触手のよう.作家の丹洋祐氏と会うのは今回が初めてだが...

2013 06 27 夜を抜けて

たまには学生のように....

2013 06 27 潜れ

人には皺が刻まれるが,物にも時が刻まれる.表面には傷やら錆やらができ,その時々の出来事が浮かび上がるようだ.昔,奇麗に使っていたランドセルに初めて引っ搔き傷ができた事を思い出す.自らの内の世界に潜るきっかけは,其処彼処に在る....

2013 06 26 バランス

コンペをまたひとつ.今回は手書きで挑む.線を重ね,色を重ね,みんなで挑む.それぞれが調度良いバランスで交わることができたなら…...

2013 06 25 迷走の花

こうだったのが,ああなって,そうなって,こうなった.さて,オブジェにしよう.この花の名は,ニフォフィア・アルカザー[Kniphofia 'Alcazar'] .調べたのはこのサイト.(2013.07.02追記,花の名はニフォフィア・ローラ[Kniphofia 'Lola']と太田さんが教えてくれた.)...

2013 06 24 NEW HOUSE 2014 COMPETITION 都市と溶けあう 掲載

ニューハウス出版発行のNEW HOUSE 2014 COMPETITIONに,生物建築舎の計画案「都市と溶けあう」が4ページに渡り掲載された.「ニューハウス2014設計提案競技 produced by 7iP」の応募案を網羅したもので,合計448ページ応募者全員のアイデアがつまった1冊である.このコンペは東京都心での新しい住まい方を問うもので,勝者は実際に建てることができ,さらにそこに1年間住む事ができるという前代未聞のもの.審査員は,藤原徹平...

2013 06 23 風立ちぬ

久しぶりの休日.霧けむる青い山の中へ.水気に洗われ,頭は真っ白に....

2013 06 23 生物図鑑13 「交響」展

7月,梅雨が明けて夏休みが始まる頃,今年も小さな展覧会が開かれる.生物図鑑#13 交響  藤野高志/生物建築舎日時:平成25年7月20日から7月28日 13時半から18時(火・水 定休)場所:ACID NATURE 乙庭 群馬県高崎市貝沢町1289-1 萩塚の長屋 D号室企画:太田敦雄キュレーター:九冨美香昨年7月から月に一度づつ,萩塚の長屋D号室の乙庭さんのギャラリーで,毎月異なる作家の展示が行われている.「生物図鑑」...

2013 06 22 渋谷ヒカリエ8で「都市と溶け合う」を展示

本日6月22日(土)から,6月30日(日)までの9日間,渋谷ヒカリエ8で,ニューハウス出版主催の実施設計競技ファイナリストの模型展示があり,そこに生物建築舎の案も展示される.ご興味のある方は是非.(追記:好評により展示期間が7月7日(日)まで延長されることとなりました.)...

2013 06 22 建築仲間で,ジョウモウ大学の授業

ジョウモウ大学で小学生たちに建築の授業.一緒に授業をしたのは,群馬の建築仲間のみんな.フロウ建築デザイン事務所/FLOW小阿瀬直建築設計事務所/SNARKカフスアトリエ建築デザイン事務所テクトン建築設計事務所高崎に建つ,アントニンレーモンドの設計図を東西反転させた井上房一郎自邸(哲学堂)の形状をベースに,図面を描いて,模型を作る.結構ハードルの高い授業だなと思いきや,小学生の集中力たるや凄い.むちゃくちゃに...

2013 06 22 見えないものを空想する

夏雲が生物のようにゆったりと成長してゆく.壮大に動くものの中に目を凝らすと,細かい無数の動きがある.あそこでは目に見えない,透明な酸素や窒素が,凄いスピードで渦巻いていて,綿のような雲の表面の動きをとおして,それが少しだけ私たちに伝わる.世界のほんの一部しか,私たちには感じられないこと.そのまわりで起ってる見えないものを,ああだろうか,こうだろうか,と空想する楽しさ....

2013 06 22 リセット

昨夜,ニューハウス設計競技最終審査の後,今村さん,篠原さんたちと飲みながら議論.張り詰めていていた糸が緩んで,心地よい.そして今朝,寝過ごす…いざ群馬へ....

2013 06 21 あっという間に

本格的な暑さのやってくる前にばっさりと剪定されたジャカランダが,梅雨の湿気を体全体で吸い込み,一気に葉を広げ始めた.その脇を通る度、やさしく頬を撫でられるまでに生長している....

2013 06 21 時計を気にする

朝から雨が,降ったり,止んだり,東京で藤野が大事なプレゼンをしている.こちらでは,もう何もできないが時間ばかり気になり,今日1日だけで何度時計に目をやったか.刻一刻と発表の時は近づいている....

2013 06 19 梔子の色

6月も後半,天神山の八重咲きのクチナシの花の時期も終盤.贅沢なかおりに満ちた,寝室の季節は終わる.純白で花開いた姿も,2,3日もすると黄に色づく.琥珀を溶かしこんだ絹織物のような質感の花弁に,やがて茶色の斑点がひとつふたつ浮かびはじめ,その斑は花全体へと広がり,命を終える.クチナシの果実は,古くから黄色の着色料として用いられてきた.この衰え始めたときにみせる高貴な黄こそが,この花の真の色なのかもしれ...

2013 06 18 ?

今日はさらにねじれた.何が起きているのか分からない,はてなマーク?...

2013 06 17 身をよじる

先日の不思議な花が体を伸ばしながら,縦横にくねり始めた.風だろうか,暑さだろうか,気分だろうか.今後の動きが楽しみである....

2013 06 17 風通しよく

近頃の植物たちは勢いが良い.一雨降ると,爆発したように大きくなる.先週の雨のせいで,南庭の道は草花に覆われていた.それぞれ刈り込んで,個々の間に隙間を空けてあげる.人も植物も同じ.くっつきすぎると,風通しも悪い.個々の輪郭がはっきりしているのは悪くない.そしていつもの道が見えた....

2013 06 16 日曜の影

出張から戻る.夕方,浴室,研草のシルエット.落ち着いて日記を書けるのは日曜日....

2013 06 14 青黒い空

梅雨雲が切れてのぞく,青黒い空....

2013 06 13 雨と模型

雨ふり.模型に断面を描こうか....

2013 06 12 多重露光

郡司と同じく,5月11日の青猫祭#3に私も出品させていただいた.今回は,青をテーマとしてなにか販売できる作品を,という条件のもと,私はささやかな絵はがきを売ることにした.「多重露光」という名の作品.多重露光とは,写真撮影時の一コマに複数回の露光をする写真の技法のこと.一枚一枚の露光は暗めとし,その分回数を重ねることで,適正な露出に近づける.以前,風景写真を多重露光すると青い色になる,と何かで見たこ...

2013 06 12 地球の上のそこここへ

わたし,郡司は,去る5月11日に行われた青猫祭#3「あおねこ屋」に「地球の上のまちのひとつ」を出展させていただいた.撮影全て:山村 将士建物や植物や動物や乗り物や月や星や…全部で40種類の缶バッチをつくった.私は当日行くことができなかったのだが,雨降りにも関わらず,多くの方に来ていただいたようでいただいた写真にはたくさんの人の笑顔が写っていた.直接皆さまとやり取りできなかったのは残念だけれど,あれこ...

2013 06 11 WIDE Architecture Report 33 萩塚の長屋 鹿手袋の長屋 掲載

韓国の建築雑誌「WIDE Architecture Report 33」に萩塚の長屋と,鹿手袋の長屋を掲載して頂いた.7ページに渡り,私へのインタビュー記事が掲載されている.インタビュアーは,昨年ソウルで行われた展覧会で知り合ったpark chang hyunさん.彼が昨年12月に来日し,うちの事務所に某韓流スターと一緒に遊びにきたときに,インタビューしていただいたことと,4月,5月にメールでやり取りした内容をまとめて頂いた.今回は集合住宅...

2013 06 10 Pen+ 天神山のアトリエ 掲載

本日発売の雑誌「Pen+」に天神山のアトリエを掲載して頂いた.2011年の特集を再編集して掲載して頂いたものだ.今見ると,それでも幼く見える誌面の木々の姿が,時間の隔たりを感じさせる.雨の降らない,この水無月.陽は降り注ぎ,天神山の木々はますます勢いを増している.放っておけば,木々たちは天井のガラスまで手を伸ばし,私たちは何度も何度も剪定をする.身の回りの生命力を感じ続ける日々だ.ここは,人の作ったものた...

2013 06 09 草原を森へ

鋼鉄製の天神山のスタディ模型.ちょっと面白いことが現在進行形....

2013 06 09 私が選んだ30冊

5月12日からはじまった,"ほんやずき:期間限定書店"も今日で最終日.この企画は,群馬県前橋市敷島のフリッツアートセンターの小見純一さんによるもので,作家の人生に影響を与えた本をセレクトして,期間限定ショップで販売するというもの.昨年の第一回は,詩人の長田弘さんと絵本作家の荒井良二さんセレクトだった.今回の第ニ回は,グラフィックデザイナーのManiackers Designの佐藤さんと,私の選んだ30冊.限定書店がはじ...

2013 06 08 名を知らぬ花

南の庭に,知らない花が咲いた.雑草ではなさそうだ…去年のいつか,乙庭さんが植えてくれたのだろうか....

2013 06 07 ツルりん

お隣さんから越境してきた,ツルりん....