Entries

-- -- -- スポンサーサイト

2013 06 06 鶴光路で

親友の家に煙突が付いた....

2013 06 05 街中の忘れていたもの

瓦は既製品だけどかなりバラツキがある.それを補修するのも手作業で,しかも技術がいる.それがいい.最近は近所を散歩するのが本当に楽しい.何故なら,建築のヒントが街中にたくさん転がっているから.建築家の内覧会も良いが,身近な場所も注意深く見れば,いろんなものを発見できる.子供の頃は知っていたけど,大きくなって忘れていたものを,最近は取り戻そうとしている.今進めているコンペでは,その辺りを表現したい....

2013 06 04 陽は高い

真夏日.昨日あった良い知らせの準備....

2013 06 03 生まれて育って滅びて

天神山の北側の公民館が今日から取り壊され始めた.私が赤ん坊の頃から,注射を打ってもらったり,かるた大会をしたり,謝恩会を行ったりした場所.小さくて暗い建物だったけど,様々な人に使われて,役目を終えて埋葬されてゆく.この町を上空から眺めている,ゆっくりものの巨人がいるとしたら,町に建物が生まれ,育ち,死んでゆく風景はまるで,草木の茂る庭を眺めているような気分なのかもしれない.公民館,さよならおつかれ...

2013 06 02 右手にトンガリ

昨日の新歓パーティでお酒を飲みすぎて,その帰りに小さなカメラを鞄から地面に落としてしまった.手にもつところの外装金属が曲がってしまったけど,幸い写りに問題はない.これからいつも右手の中指に金属のトンガリがあたるたび,今朝の憂鬱を思い出すのだろう.それもまたよいか.ああ日常....

2013 06 01 新歓パーティ 2013

生物建築舎はこの4月に1人加わって,全部で5人になった.同じく増員したスナークと合同で,今年も新歓パーティー.昨年のように大規模なパーティではなく,今年はこじんまりと建築プレゼ大会.幾人かの近しい建築家にゲストで来て頂き,スタッフにも発表の場を与え,所長もスタッフも肩を並べてプレゼし,議論し合う.話題は作品を超えて,建築家のスタンスや戦略などにも.結局27時近くまで.新人たちも刺激になったでしょう....

2013 06 01 同じ日は来ない

天神山を見学にいらしたお客さんに,外構を説明する藤野.いろんな方に,いろんな季節・時間・天気の姿を見て頂く.見る状況によって,この建築の印象は変わる.いらした方の数だけのバリエーションがある.状況は二度とは繰り返さない.ぜひまた違う様相を見にいらして下さい....
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。