Entries

-- -- -- スポンサーサイト

2012 08 31 川越で

都内打合せの帰り,伊東さんのヤオコー三栖右嗣記念館のあと,川越の町中へ.小江戸の町並みは夕方には店じまい.過去に時間旅行したような町並みを,行交うクルマは幽霊か,千と千尋の神様か....

2012 08 26 尾瀬岩倉で

谷風が,花畑の芳香に染まっている....

2012 08 19 屋久島

屋久島へ.生命は豊かな場所では際限なく大きく育つことを知る.木に木が生えて,生物の中に生物が暮らしている.この島の生命と物質のなす連鎖,そして気の遠くなるような合理性は,大都市の風景にも同じ.どこであっても生物は,複雑な系のなか,ただ絡まり合って生きている....

2012 08 17 仙台高専でレクチャー

仙台高専の坂口大洋准教授にお声がけ頂き,夏休みの仙台高専でレクチャーとディスカッションをさせて頂く.平地の中にぽつんと現れた古墳のような学校の出で立ちは,背の低いモンサンミシェルにも見える.遥か遠くの町(岩沼)まで見渡せそうな,環境の魅力的な学び舎.レクチャーでは皆さんが真摯に聞いてくれたので,思う存分話ができたし,ディスカッションでは,あらかじめ学生が私について予習してくれていたようで,様々な方...

2012 08 16 ラジオ高崎生中継

私たちの事務所「天神山のアトリエ」からラジオ高崎の生中継をして頂く.左はパーソナリティの谷優香さん.話すのは,天神山での日常生活のこと.中継の最中はハウリング防止のため,スタジオ音を遮断するので,喋るタイミングがちょっと難しかったけれど,出演の反響も多くて刺激的な時間でした....

2012 08 15 終戦の日の掃除

墓参りの後,屋根掃除.裏の墓地から線香の煙が流れ,屋根硝子一枚一枚は丹念に磨かれ,やがて水滴は屋根の上で玉を形づくるようになり,汚れた雑巾は干されて,暑い一日が暮れてゆく....

2012 08 09 考えは電波に乗って

FM群馬に出演.天神山での生活について話す.環境と建築を考え,つくり,生活し,それを話し,電波に乗って誰かに伝わる.それを聞いた人から意見を貰い,受け止め咀嚼し,また考える.自分の外と内側を巡りながら,考えのバトンをリレーしている....

2012 08 06 コンクリートと蛾

灰色仲間の虫と建物....

2012 08 04 祭りの日

朝,乙庭さんと根小屋視察,戻ってFM群馬のスタジオ収録,午後,天神山にスタジオいなごの山内貴範さんがいらっしゃる.萩塚の長屋と高崎聖オーガスチン教会(写真)を見学後,高崎祭りで賑わう小阿瀬君の事務所へ.夜は萩塚の屋上で高崎花火大会を楽しんだ後,小阿瀬君の事務所でオリンピック日本戦をパブリックビューイング.夜は萩塚B号室で田胡さんと飲み,お祭りの朝が白んでゆく....

2012 08 03 桜色の共有

スタッフの森田が「あ,筋のような雲」と空を見上げ,皆の顔が上空に向き,ほんのり桜色を共有する日暮れ....

2012 08 02 南千住で

南千住の東京ガス千住テクノステーションにて研修.写真は屋上の大規模太陽光発電パネル.現代の建築インフラ業は既に,電気かガスかという段ではなく,限られた資源が快適性を生みだす効率をいかに最大化するかというレースを戦っている.それは首尾よく整理された論理的な取組みに見えるが,根本にある人間の快適性に対する眼差しはステレオタイプ過ぎやしないか.エネルギーを考えることが,建築や暮らしを考えることと同じ意味...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。