Entries

-- -- -- スポンサーサイト

2013 07 21 風が吹く

夜「風立ちぬ」を見る.「世に出た後どう評価されようとも,私は今,目の前に美しいものを完成させたい.」と,二郎と,監督の気持ちが伝わってくる.本当のところ仕事が一番好きなんだ.あとで後悔したとしても.だから10年だろうか.そのあいだ,いつも風が轟々と吹いていて,その風の中を飛び続けている.ものをつくる人間の正直さは,真っすぐゆえに残酷.そんな二郎に共感したら,涙は出なかった....
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。